「ロングブレスダイエット」タグアーカイブ

脂肪1kg=7200kcalフルマラソン3回分をインナーマッスルや体幹トレ、腹筋運動、はたまたロングブレスダイエットで落とせる?

LINEで送る
Pocket

[nopc] [/nopc]

ダイエットとは

Tarzan (ターザン) 2015年 1/22号 [雑誌] 2015/1/5
Tarzan (ターザン) 2015年 1/22号 [雑誌] 2015/1/5

脂肪と基礎代謝

芸能人がTVの企画ダイエットで痩せるのは企画で取り上げられたダイエット法の成果ではなくプライベートで有酸素運動と食事管理を徹底的に行い、さらにTVのダイエット企画を成功させるために断食をする芸能人もいるほど。
ではなぜインナーマッスルトレーニングやロングブレスダイエットでは痩せないのか、そこを理解することがダイエットの第一歩です。

健康的に痩せるということは体重を減らすことが主目的ではなく、脂肪を減らすことが本来の目的であり体重減少は副次的なものです。
極度に食事を抜くダイエットは脂肪燃焼の役割を担っている筋肉を減らし痩せにくい体質、不健康な体にしてしまう本末転倒な結果を導いてしまいます。

脂肪1g=9kcalのエネルギーを持っています。
つまり1kgの脂肪を減らす場合は9000kcal、水分量を除くと7200kcalのエネルギー消費をしなければなりません。
体重50kgの人がフルマラソン42.195kmを走っても2100kcalほどのエネルギー消費となり、フルマラソン3回分120km走っても脂肪1kgも減らすことができないのです。

ウォーキングはジョギングの半分程度のエネルギー消費なので42.195kmをウォーキングすれば1050kcal。
サイクリングではジョギングの3割のエネルギー消費なので42.195kmの走行でもたった700kcalです。
溜め込んでしまった脂肪を運動だけで減らすことは至難の業なのがよくわかるはずです。

1日のエネルギー消費量の6〜7割近くを基礎代謝が、残り3割は体を動かす「身体活動誘発性体熱産生」、1割は食事の消化吸収で使うエネルギー「食事誘発体熱産生(DIT)」です。
下記の図では基礎代謝を7割で表しています。

スクリーンショット

基礎代謝の内訳は以下の通りです。

スクリーンショット

図でわかる通り筋肉量を増やし基礎代謝を上げでも、基礎代謝の全てが筋肉でのエネルギー消費ではなく、割合としては4割程度しかありません。
心臓は心筋、他の臓器は平滑筋で不随意筋という筋肉の種類ですが、意図的に鍛え肥大させることはできません。
筋トレで臓器も肥大するという報告もありますが、それで大きく基礎代謝が変わることはないはずです。

さらに筋肉1kg増やしても13kcal/日しか増えません。
筋肉を10kg増やしてもご飯一杯分のエネルギー消費も増やせません。
もちろんダイエットは「ちりも積もれば」精神が重要なので僅かな基礎代謝アップ、エスカレーターは使わない・歩くなど日々の身体活動量の積み重ね、僅かな時間でも運動、ご飯を半分減らすなどちりも積もればを積み重ねる地道な作業なのです。

しかし世間で言うような筋トレして筋肉増やして基礎代謝アップで痩せようというのはあまりに短絡的で、筋肉1kg増やすのは至難の業のうえ1kg増えても13kcal/日しか基礎代謝が上がらないことも合わせて伝えないとただの痩せる痩せる詐欺です。
筋肉1kg増量は1年間みっちり筋トレして達成できるかできないかのレベルです。

筋肉を増やすのも至難の業、脂肪1kgを有酸素運動で減らすには7200kcal分、フルマラソン3回分にもなります。
インナーマッスルトレーニングやロングブレスダイエットで基礎代謝アップして痩せるということがいかに無謀で現実離れしているか。
腹囲1cm減らすのに1kgの脂肪減が必要と言われています。
いろんな腹筋器具や腹筋トレーニングでお腹を引き締めようとありますが、果たしてそれで7200kcal分のエネルギー消費するのに一体何十年かかるのでしょうか。

まとめ

除脂肪メソッド―リバウンド知らずの“脂肪撃退”マニュアル
除脂肪メソッド―リバウンド知らずの“脂肪撃退”マニュアル

芸能人はTV企画の裏で、プライベートで必死に食事療法と運動療法のダイエットをして痩せます。
目標達成できそうにない場合は最悪の手段である断食を何日もしてまでダイエット企画を成功させます。
そしてあたかも新手のダイエット方法で痩せたと視聴者を欺きます。

結局トレンディーなダイエット方法は一瞬のブームですぐに消え去ってしまいます。
なぜならば痩せないからです。

一時ブームになったデューク更家のデュークズウォーク。
考案者のデューク更家本人が太ってしまったそうです。
原因は運動不足と食生活だそうです。
つまりそういうことなのです。

ダイエットには食事管理がもっとも大事で、有酸素運動と筋トレで痩せやすい肉体を作ります。
テレビで大々的取り上げられる◯◯だけダイエットなどには飛びつかないようにしましょう。
どんな新手のダイエット方法が出てきても脂肪が減る原理は変わりません。
原理を無視したダイエットはなく、あれば医学界で大騒ぎです。

「簡単、すぐに、楽に、◯◯だけで」などといった文言は疑ってかかりましょう。
ダイエットの王道は今も昔も変わりません。
そしてそれがもっとも効果的で確かな方法なのです。
もし安全に楽してすぐに痩せられる器具、着るだけ履くだけで脂肪燃焼、飲むだけで痩せるサプリ、○◯するだけダイエット手法などが開発されれば、それはノーベル賞を取るでしょう。

LINEで送る
Pocket

芸能人の痩せない八百長ダイエットのキーワード、「インナーマッスル」、「体幹」、「◯◯だけダイエット」 結局インナーマッスルや体幹ってダイエットに関係あるの?

LINEで送る
Pocket

なぜ人は痩せるのか

企画物ダイエットを成功させるために断食までする芸能人

年末年始で太った人も多いのではないでしょうか。
それにともなって露出が多くなる芸能人ダイエット。
芸能人のTVダイエットの成功は、テレビでは放送されない私生活で死に物狂いで行っている食事制限と運動のダイエットの努力の賜物なのです。
ウォーキングなどの有酸素運動と徹底した食事管理、そして期限までに痩せられそうにないと断食までしているという過酷なダイエットを裏で行っているというデヴィ夫人の暴露もありました。
デヴィ夫人はダイエット番組企画で最後は6日もの断食を行って番組企画のアボガドダイエットを成功させたそうです。
インナーマッスルやロングブレスダイエット、体幹トレーニング、○◯だけダイエットなどテレビで紹介されるダイエットは目新しく話題性があるものばかりです。

そのような神出鬼没のダイエットではなぜ痩せないのでしょうか。
本当に効果があるのなら、目新しいダイエットなど次から次へとは出てこないはずです。

それらのダイエットにいつも使われるフレーズはいつも似通っています。
そのフレーズの本当の意味を理解していれば、フィットネス業界が人々をカモにする手法に黙れずにすむかもしれません。

そもそもインナーマッスル、体幹とは

ファッショナブルなダイエットで使われがちな「インナーマッスル」や「体幹」とは一体何かを指すのでしょうか。
筋肉は英語でマッスル「muscle」、ラテン語の小さなネズミ「musculus」という意味が由来です。
筋肉の収縮運動がまるで小さいネズミが動いているように見えたためと言われています。

筋肉には骨格筋と内臓筋があり、骨格筋をインナーマッスルとアウターマッスルに分ける場合があります。
体幹とは手足と頭を除いた部分を指します。
主な体幹筋は以下のとおりです。

前体幹筋
胸:大胸筋
腹:腹直筋、腹斜筋、腹横筋

◯後体幹筋
背中:広背筋、脊柱起立筋、僧帽筋

体幹を鍛えるにはBIG3と呼ばれる王道の筋力トレが効果的です。
胸を鍛えるベンチプレス、背中を鍛えるデッドリフト、臀部と大腿を鍛えるスクワットの三種目から構成され、初心者からベテランまで欠かすことのできない種目であり、トップアスリートにも当然欠かせない筋トレとなっています。
BIG3をないがしろにしてアームカールや腹筋など小さい筋肉群ばかりを鍛えても体全体のビルドアップにはまったくもって非効率です。

インナーマッスルは日本語で深層筋と呼び、対義語はアウターマッスル、日本語で表層筋となります。
アウターマッスルはその名の通り、表層部分の大きな筋肉からで構成され大胸筋や広背筋、脊柱起立筋、大殿筋など大きな筋肉で主に速筋線維で構成されておりダイナミックに大きな力を瞬時に発揮する役割があります。
手で触ってれる部分をアウターマッスルと括る場合もあります。

インナーマッスルは体の奥深くにある深層筋で主に遅筋線維で構成されており、アウターマッスルのように意識して動かすのではなく関節や姿勢を安定させる役割を担っており、手ではさわれない部分をインナーマッスルと呼ぶこともあります。
インナーマッスルは主に体幹と股関節をつなぐ場所と肩関節付近にあり股関節から体幹部分にかけては腹横筋や腸腰筋(ちょうようきん)、小殿筋(しょうでんきん)があり、肩関節にはローテーターカフという回旋筋腱板(かいせんきんけんばん)があり、以下の4つの筋肉群で構成されています。

・肩甲下筋(けんこうかきん)
・棘上筋(きょくじょうきん)
・棘下筋(きょくかきん)
・小円筋(しょうえんきん)

背中の脊柱起立筋群は以下3つから構成されています。

[nopc] [/nopc]
・外側の筋群を腸肋筋
・中間内側の筋群を最長筋
・最内側の筋群を棘筋

画像:WOMENJAPAN.COM

「グローバル筋」と「ローカル筋」

インナーマッスルとアウターマッスルの明確な区別をする医学的な定義はありません。
わかりやすく認識するために作られた造語です。
医学的には「グローバル筋」と「ローカル筋」という区別があります。

・ローカル筋(コアマッスル)とは、脊椎を直接支えて作用しているもの:腹横筋、多裂筋、大腰筋
・グローバル筋とは、脊椎には直接作用せず、体幹部を囲むように張り巡らされているもの:腹直筋、腹斜筋、脊柱起立筋

スクリーンショット

インナーマッスルはいくら鍛えてもほとんど大きくはなりません。
大きくならないということは筋量が増えにくくダイエット効果は期待できません。
これは流行りの体幹トレも同じことです。

痩せるということは、食事管理をし過剰な糖質・脂質摂取を控え、有酸素運動でエネルギー消費脂肪燃焼をし、筋トレで筋量を増やすことがダイエットです。
インナーマッスルや体幹トレ、長い呼吸法などでは決して痩せることはできません。

まとめ ダイエットの決定版は今も昔も変わらない

除脂肪メソッド―リバウンド知らずの“脂肪撃退”マニュアル
除脂肪メソッド―リバウンド知らずの“脂肪撃退”マニュアル

脂肪がいかにつきどのように落ちるのか。
結局は王道のダイエット方法がもっとも効果的で最短の方法だということを知ることこそがダイエットの第一歩です。
シンプルだからこその苦もあります。
その苦に漬け込んで、フィットネス業界はさまざまダイエット器具、ダイエットサプリ、ダイエット企画を作り上げ、そのたびに痩せない人々がお金をつぎ込んでいくのです。
そして数日から数週間で飽き、また新たなセンセーショナルなダイエット方法に見境なく飛びついていくのです。

週に2、3回体を鍛え、少し有酸素運動し、食事を少し減らせば痩せる。
たったこれだけのことなのです。

LINEで送る
Pocket

【芸能人が番組企画で痩せるブラックな真実】なぜTVではインナーマッスル・体幹トレ・ロングブレスダイエット・◯◯だけダイエットで痩せるのか?

LINEで送る
Pocket

芸能人ダイエット真実の裏話

話題のダイエットを格付けしたら…

話題のダイエットを格付けしたら…

ロングブレスダイエットの恐ろしい効果

巷に溢れるさまざまななダイエット情報。
インナーマッスルや体幹トレーニング、ロングブレスダイエット、◯◯だけダイエットなどなど。
効能についても本や雑誌、ブログで「私はこれで痩せました!」という情報が満載。

果たしてそのダイエット方法「だけ」で成功した人は本当にいるのでしょうか。
重要なのは、「その方法だけで痩せた」ということです。
食事制限や運動などせず生活改善もせず、その方法だけを取り入れ、それ以外は一切変えることなく痩せたのかがポイントです。

以前ロングブレスダイエットが流行りました。
美木良介という俳優がひどい腰痛になり歩けなくなったときに考案したダイエット方法とのこと。
森公美子や勝間和代がTV番組企画でロングブレスダイエットを行い痩せたという結果を出しました。

・森公美子 期間5ヶ月 体重108.2kg → 85.8kg(-22.4kg)
・勝間和代 期間2ヶ月 体重59.1kg   → 52.1kg(-7.0kg)

森公美子は1ヶ月に4kg以上痩せた驚愕のダイエット結果です。
脂肪1kgは7200kcalあります。
1日の消費エネルギーは成人男性で2400kcal程度と言われています。
体重60kgの人がフルマラソンを走って2400kcal、3回走ってやっと脂肪1kg減です。

森公美子の場合、脂肪だけを1ヶ月間に4kg減らしたということは7200kcal×4=28800kcalのカロリーを削ったということになります。
森公美子の体重でフルマラソンを走ってもおよそ7回分という莫大なエネルギー量です。
それと同様の効果を出すロングブレスダイエット、その効果はノーベル賞ものです。

DVDで完璧にわかる! 美木良介のロングブレスダイエット 必やせ最強ブレスプログラム
DVDで完璧にわかる! 美木良介のロングブレスダイエット 必やせ最強ブレスプログラム

しかし、事実はそう簡単ではありません。
ロングブレスダイエットでダイエット成功後、森公美子がブログで以下のように言っています。

「ロングブレスダイエットだけで痩せるわけがない!」

また勝間和代との会話で「呼吸だけで痩せたらノーベル賞もの」と言う発言もあったそうです。
これにはデヴィ夫人もご自身のブログデヴィの独り言 独断と偏見「2013年06月05日 森公美子さん 正直に 本当のことを云っただけ!!!」で芸能人のテレビでのダイエットの真相を明かしています。

これはもう、「芸能人たったこれだけで痩せる痩せるダイエット」詐欺です。
テレビで聞きなれない目新しいダイエット方法を取り上げ公然と痩せると謳いながら裏では必死に食事制限と運動をし生活習慣を徹底的に改善する。
ダイエットの王道である食事管理と運動に目新しいダイエット方法を加え、あたかもそれだけで痩せているような印象を刷り込みます。
極めつけは、小さな小さ文字で画面の片隅に「効果には個人差があります」という打消し文言をしれっと付け加え、効果がなくても文句を言うなよというわけです。

ダイエットに目新しいものはない 流行に乗る新手のダイエット方法は激しく疑え

どんな方法であれ芸能人が痩せたことは事実です。
では一体なぜ期限内に痩せることができたのか。
理由は単純です。
徹底して食事管理をしウォーキングなど有酸素運動を取り入れ王道のダイエット方法を死にものぐるいで実践したからです。
間に合わない場合は断食までしているとデヴィ夫人は明かしています。
つまり最終的には、健康のために痩せるはずなのに、健康を犠牲にしてまで番組の企画のために命を削って芸能人はダイエットしているのです。

「これだけで痩せる」などという方法があれば、それは本当にノーベル賞ものです。
痩せるには「食事と運動(有酸素運動と筋トレ)」だけです。
これには大なり小なり苦痛があります。
だからこそ多くの人が取り組めず、たとえ取り組んでも継続できないのです。

誰もがわかっているのです。
「ダイエットは苦痛である」と。
だからこそ、フィットネス業界はあの手この手、手を変え品を変え新たな流行りそうなダイエット商材をセンセーショナルな文句とともに売り出し、ネギを背負ったカモたちを出しにするのです。

実際に本当に痩せる何かが出たらそれは必ず医療現場で医術として使われます。
市販のサプリで痩せることなどありません。
もし痩せたらそれは極めて危険なもので、命を落とす危険があるものです。

厚労省「服用するな!」「やせる薬」で4人死亡

ダイエットを苦痛でなくためのもっとも手っ取り早い方法は、好きなスポーツを見つけ趣味にすることです。
本気になっていけば食事も自ずと気をつけるようになりやすいです。
もちろんスポーツをしていても太っている人は多く、決して例外でもありません。
基本的にダイエットは運動1割、食事9割が大原則なのです。

運動指導者が断言! ダイエットは運動1割、食事9割[決定版] (impress QuickBooks)

運動指導者が断言! ダイエットは運動1割、食事9割[決定版] (impress QuickBooks)

[nopc] [/nopc]
LINEで送る
Pocket