「シックスパック」カテゴリーアーカイブ

腹筋ローラー、少しバカにしてる?これこそが最強の腹筋器具 腹筋の隆起を深くし綺麗なシックスパックを作る方法

LINEで送る
Pocket

[nopc] [/nopc]

腹筋を鍛える最強の器具

Tarzan (ターザン) 2015年 5/28号 No.672 [雑誌]2015/5/7
Tarzan (ターザン) 2015年 5/28号 No.672 [雑誌]2015/5/7

ダイエットは腹筋だ

多くの人が太ったと最初に感じる部分はお腹周りでしょう。下っ腹や脇っぱら、背中など余計な脂肪はお腹周りからつき始め、よく見え、そしてズボンなどの洋服のサイズに直結するので太ったや痩せたで一番意識する部分なのです。またお腹は皮下脂肪だけでなく内臓脂肪もたまるので余計に脂肪がつきやすいのです。また健康診断でもウェストサイズでメタボリックシンドロームかどうか診断されるので中年男性は否が応でも意識せざるを得ません。

お腹の脂肪をいかに取るか、これが多くの人の悩みでありダイエットを始める切っ掛けとなるのです。そして多くに人がここで大きな勘違いをしてしまいます。それはお腹の脂肪を減らすために腹筋をやり始めることです。基本的に脂肪は有酸素運動で酸素を多く取り込む運動をしなければ燃焼しません。有酸素運動とは簡単に言うと長時間行える軽度、中度の運動です。代表的な有酸素運動はジョギング、水泳、自転車でしょう。ジョギングでの消費エネルギーは、「体重×距離」で簡単に出すことができます。体重60kgの人が5km走れば300kcal消費することになります。そして脂肪1kgは7200kcalあります。7200kcalというフルマラソン3回分程度の凄まじい運動量をこなさないといけないのです。そして脂肪1kgは腹囲1cmと同じと言われているのです。ベルトの穴が1つ大きくなったということは、5cm幅の穴であればウェイト5cmアップ、脂肪ではなんと36000kcalにもなります。フルマラソン14回分です。

脂肪を運動で減らすということは途方も無い運動量なのです。それをコツコツと続けていくことが大切なのです。毎日150kcal減らすことができれば1ヶ月4500kcal、1年で54000kcal減、脂肪に換算すると7.5kgも減ることになります。体重60kgの人が2.5km走れば150kcalです。食事であればご飯小盛であれば120Kcal、おにぎり150kcalです。運動と食事管理をすれば150kcal減は決して難しくありません。ただダイエット期間が半年や3ヶ月など短くなればなるほど当然難しくなってきます。

以上でわかったように脂肪を減らすに有酸素運動が必要で、脂肪1kg落とすのに体重60kgの人であればジョギングで120kmも走らなければなりません。それほどの運動を腹筋でできるでしょうか。腹筋1回の消費エネルギーは0.5kcal前後です。300回行ってやっと150kcalです。一体どれほどの時間がかかるでしょうか。

お相撲さんを見てわかるように、彼らは分厚い脂肪で覆われています。その脂肪の下には凄まじい筋肉があります。しかしその腹筋は脂肪で見えないのです。決して腹筋が弱いからではありません。つまりいくら腹筋を鍛え、凄まじい筋肉になっても脂肪があれば見えないのです。お腹周りの脂肪を減らし腹筋を見えるようにするには、腹筋運動で筋肉を鍛えるのではなく脂肪を減らすことが先決なのです。誰もが腹筋はあり、その腹筋は元から割れているのです。脂肪が減れば誰もがシックスパックになります。そのシックスパックの隆起を綺麗に出すために初めて筋トレが必要になってくるのです。

さまざまな腹筋器具

ショップジャパン(SHOP JAPAN) ワンダーコア スマート

テレビでのCMでお馴染みの腹筋器具です。スプリングでサポートされた状態で楽に腹筋ができるというのが売りです。1万4千円と腹筋器具にしてはかなり高額です。腹筋以外にもいくつか使い方があるようです。しかし腹筋を鍛えるという意味では効果は相当疑問です。何も使わず床で腹筋をするほうが費用対効果は抜群でしょう。
ショップジャパン(SHOP JAPAN) ワンダーコア スマート【正規品】
ショップジャパン(SHOP JAPAN)  ワンダーコア スマート【正規品】

ALINCO(アルインコ) シットアップベンチデラックス

こちらもAmazonで人気のようですが、腹筋では膝を曲げて行うのが常識です。膝を伸ばすと腰に負担がかかるのと、腹筋よりも下半身と上半身を繋いでいる腸腰筋への負荷が増してしまいます。場所も取りもし使わなくなったら悲惨です。きっと粗大ゴミで出すのも憚られ、どこかにひっそりしまわれるのが落ちでしょう。
ALINCO(アルインコ) シットアップベンチデラックス FA130

ALINCO(アルインコ) シットアップベンチデラックス FA130

腹筋ローラー(ジスタス スリムトレーナーTR H-7218)

とてもシンプルで、シンプル過ぎて本当に腹筋トレーニングに効くか疑っている人も少なくないでしょう。しかしこの腹筋ローラー、通称コロコロが実は一番腹筋を効果的に鍛えられます。体をどこまで倒すか、膝をつけるかなどで強度を好きなように変えられます。初心者から上級者までとことん使える器具がコロコロなのです。場所も取らず値段も千円程度。費用対効果は抜群です。

yoshiさんというボディコーディネーターも使用しています。

コロコロは少しテクニックが必要ですが腹筋を鍛えるには抜群の効果を発揮します。また背中や腕、二の腕(三頭筋)も鍛えることができ多く筋肉を共に鍛えることができます。ボディビルダーを目指すわけではないのである特定の部分だけフォーカスして鍛える必要はありません。

XYSTUS(ジスタス) スリムトレーナーTR H-7218
XYSTUS(ジスタス) スリムトレーナーTR H-7218

目的と順番が大切

腹筋はまず脂肪を減らさないといくら鍛えても意味がありません。意味が無いというのは、腹筋の隆起が見えてこないという意味です。脂肪があっても腹筋を行えば体幹が鍛えられさまざまなメリットがあります。しかし見えるようにするためには脂肪を減らさなといけないのです。そして脂肪を減らすためには腹筋運動をするのでなく、ジョギングなどの有酸素運動と食事管理が必要になります。目安は1日150kcal減です。1年続ければ7kg程度も脂肪が減ることを信じて継続することが大切です。

脂肪が減ってから初めて腹筋を本格的に鍛え筋肥大させます。そうれにより腹筋の隆起が深くなり綺麗なシックスパックになります。このときに腹筋トレーニングも何十回、何百回行うより、負荷をかけて10〜20回程度できる回数で行いましょう。

シックスパックは1日にしてならず、です。

LINEで送る
Pocket