ラグビー日本代表不動のキッカー「五郎丸歩」や国民的大スター「イチロー」などなど 独自のパターン化された動作「ルーティン」の秘める意味

LINEで送る
Pocket

[nopc] [/nopc]

Number 特別増刊「桜の凱歌」エディー・ジャパンW杯戦記 (Sports Graphic Number(スポーツ・グラフィック ナンバー))
Number 特別増刊「桜の凱歌」エディー・ジャパンW杯戦記 (Sports Graphic Number(スポーツ・グラフィック ナンバー))

世界の「Goromaru」

不動の魂 桜の15番 ラグビーと歩む
不動の魂  桜の15番 ラグビーと歩む

2015年、ラグビーワールドカップで南アフリカに歴史的大勝利を収め、その後もサモア、アメリカにも勝利し、過去一度しかワールドカップで勝ったことのなかったラグビー日本代表は大躍進を果たしました。

世界三大スポーツでもあるラグビーは、日本ではマイナースポーツでした。しかしワールドカップでの大躍進で一挙にメディアの露出が増え、ラグビーに全く感心のなかった多くの人々の目に触れることになりました。そしてラグビー日本代表にヒーローが生まれました。その名も「五郎丸歩」。子供から大人、男も女も、そして相撲や野球、サッカーなど他ジャンルのスポーツ界までありとあらゆるところで真似されている五郎丸キックポーズ。拝みポーズとも忍々ポーズとも呼ばれ、もはや知らない人がいないほど日本中に知れ渡りました。

五郎丸歩のキック

そんな五郎丸歩が行うキック前のルーティンやポーズには重要な意味があるのです。そしてこのルーティンはそれぞれ違った形で多くのゴールキック(コンバージョン)を担う選手が行っています。

2015年ラグビーワールドカップ世界の名キッカーのルーティン

五郎丸歩が学生時代に指導を受けた、世界最高峰のラグビープレーヤー、元イングランド代表ジョニー・ウィルキンソン。
今のポーズの原形

[nopc] [/nopc]

五郎丸より以前に注目されていた大物選手のルーティン

五郎丸歩のキック前のルーティンより以前に、大注目されていたルーティンを行う国民的選手がいます。それはメジャーリーガー「イチロー」です。スタジアムに入る足を決めている、打席前に行うルーティン、試合中いつでも行うストレッチ、ブランチには必ずカレー(現在は食パンとそうめんの組み合わせとのこと)というルーティンです。

パフォーマンスとも言われた高見盛のロボットルーティン

高見盛のルーティンも世間から大きな注目を浴びました。

テニスプレイヤー、ナダルの細かすぎるルーティンとその珍事

世界的名テニスプレイヤー「ナダル」のルーティンはさらに細かいものです。

ペットボトル飲料のラベルはコート側に向けて立て、ラインは踏まずコートインし、右足からまたぎ、ベースラインで靴下とズボンの位置を直すという一連の動作を行います。そんな彼のルーティンが風で乱れたときにある珍事が起きました。

他にも松井秀は右足からバッターボックスに入る、ウサイン・ボルトはスタートの前に胸の前で十字を切るなどあります。

ルーティンの意味

イチローや五郎丸歩だけでなく世界で活躍する人に自分独自のルーティンを持っている人は多くいます。そのルーティンこそが彼らの成功の一つの要因なのです。このルーティンをそっくりそのまま真似しても彼ら同様成功はしません。なぜならばそれは彼ら自身のルーティンだからです。

ルーティンとは「日課」や「決まった手順」、「お決まりの所作」などの意味があります。ルーティンと混同されやすいのが「ゲン担ぎ」です。ゲン担ぎとは、縁起を担ぐという意味です。以前得た良い結果のときの動作や所作を繰り返し行うものです。勝った時と同じ赤いパンツを履く。神頼みと同じ類で自分が「コントロールできない未来」に対する願掛けなのです。一方ルーティンとは、現在進行系の「今」にフォーカスし、自らコントロールできる部分に対して行うものなのです。

ルーティン化する目的はいつもと同じ動作をすることでいつもと同じ精神状態に近づけ、いつもどおりのパフォーマンスを引き出せるようにするためです。試合中には様々な雑念が入ります。天候、観客の声援、試合の優劣、疲れ、痛み。周りの環境に大きく左右されてしまうとパフォーマンスが安定しません。そのため自分が無になれる、いつもと同じ精神状態になれるようにパターン化されたルーティンを行うのです。つまり自分の帰れる場所づくりとも言えるかもしれません。

スポーツ以外にも活かせるルーティン

このルーティンは決してスポーツだけではなく普段の生活、ビジネス、受験などの学業にも大いに活かせます。朝家を出る前に体を軽く動かす、仕事の合間にストレッチをする、テスト前に鉛筆を3回か転がす、プレゼンの前に配るプリントを2回トントンと綺麗に直し、1回咳払いをし、水を飲むなどなど人それぞれ様々なルーティンがあります。日頃意識していなくても行っている動作があるかも知れません。上手く言った時のことを思い出し、一つ一つの動作を書き出し、パターン化することでそれが自分だけのルーティンになるのです。良いイメージと関連付けることが重要です。そして考えなくてもできるように無の境地でもできることが大切です。

このルーティンによって精神的安定もたらし、パフォーマンスに大きく好影響を与えることは往々にしてあるでの試してみる価値は十二分にあるでしょう。

[nopc] [/nopc]
LINEで送る
Pocket