【お腹周りに脂肪をつけない3つの習慣】腹筋を割ったりくびれを出すために運動するよりもお腹周りに脂肪をつけないことが最重要 

LINEで送る
Pocket

[nopc] [/nopc]

シックスパックやくびれは腹筋運動では作れない

なぜいくら腹筋をしても腹が凹まないのか (幻冬舎新書)
なぜいくら腹筋をしても腹が凹まないのか (幻冬舎新書)
人間は誰しもが直立出来るだけの力を持っています。姿勢維持する筋力を持っています。
それだけの筋肉を持っていれば、なにも特別なトレーニングをしなくてもお腹はシックスパックになっています。
何百回の腹筋運動をしたり、特別な器具を使って集中的に腹筋を鍛える必要は皆無です。

デブじゃない!お相撲さんの体脂肪はたった8%!?おデブタレントより体脂肪が少ないお相撲さんと脂肪の関係 内臓脂肪と皮下脂肪、中性脂肪と遊離脂肪酸」の記事に詳しく書いてありますが、力士はトップアスリートの中でも圧倒的な筋肉量を有しています。
しかしそのお腹は割れているでしょうか。くびれているでしょうか。
では彼らが毎日腹筋を何百回、何千回もすればシックスパックが現れでしょうか。
力士が腹筋運動をしたり、腹筋運動の特殊な器具を使っても、彼らのお腹にシックスパックが現れることはないでしょう。
なぜならその上に厚い脂肪がついているからです。
筋肉の隆起の強弱よりも、脂肪の厚さがシックスパックやくびれに深く関係しているのです。
フィットネス業界に騙され、腹筋器具など絶対に買わないようにしましょう。外を5分でも走ったり、夕飯で白米やパン、麺などの糖質は取らないなどしたほうが100倍効果的です。

ではいかにお腹周りに脂肪をつかないか、それを知ることが大切です。

脂質摂取を減らす

メタボ解消! 脂質ダイエット―カロリーを減らすだけではやせられない! (セレクトBOOKS)
メタボ解消! 脂質ダイエット―カロリーを減らすだけではやせられない! (セレクトBOOKS)
人間の脂肪は1kgで7200kcalものエネルギーがあります。
体重60kgの人が42.195kmのフルマラソンを走るとおよそ2400kcalです。つまりフルマラソンを3回走らないと脂肪1kgが減らないのです。
腹囲1cmが脂肪1kgとほぼ同じと言われています。腹囲5cm減らすのに脂肪5kg減、つまり36,000kcal、フルマラソン15回分です。

8割が脂質の和牛リブロースは100gでおよそ800kcalあります。
つまり食べる脂質も当然高カロリーなのです。脂肪は1g当たり9kcalあります。ちなみにタンパク質は1g当たり4kcalです。
さらに食事をして体が暖かくなる経験は誰しもがあるはずですが、それは食事誘発性熱産生のためです。
食べ物を食べても消化等でエネルギーが消費されるのです。
タンパク質は摂取エネルギーの30%、脂質は4%のエネルギーを食事誘発性熱産生によって消費します。一般の食事は糖質の6%も含め、全体でおよそ10%の食事誘発性熱産生なります。

脂質は多くのエネルギーを持っている一方、食事誘発性熱産生はもっとも低いのです。
つまり脂質は高カロリーかつ消費しにくい栄養素なのです。
肉や魚の脂身、ドレッシングの油、料理に使うサラダ油、ラーメン、揚げ物など脂質摂取には気をつけないといけません。
巷ではオリーブオイルダイエットというものがありますが、盲目的に踊らされないように注意しましょう。
オリーブオイル100g当たり約900kcalあり、サラダ油と同じカロリーです。
飲むと食欲を抑えられるためダイエットにおすすめなどといった文言はもはや世迷い言を通り越し悪質です。
ごま油やサラダ油なども含め油を飲めば気持ち悪くなり、その後の食欲を失くすのは当然です。
「オリーブオイルを飲むと食欲減退効果がありダイエット効果有り」とはあまりに悪質極まりないです。
オレイン酸が豊富であろうが、善玉コレステロールがどうのと言おうが、便秘やむくみに効果的と言おうが、本質的なダイエットとは無関係です。

何かを飲んで痩せるならそれは危険なドラッグと同じです。運動もせずカロリー消費もせず飲んで痩せてしまうのなら少量でも飲み続けたら死んでしまいます。
そんな危険なものを食品として発売しているはずがありません。
脂質摂取を減らすことがダイエットの王道であり、それがくびれやシックスパックにはもっとも効果的なのです。

[nopc] [/nopc]

糖質コントロールをする

食品別糖質量ハンドブック
食品別糖質量ハンドブック
最近流行りの糖質制限ダイエット。詳しくは「お肉をいくら食べても太らない?太る原因は脂質ではなく糖質だった ライザップなどの高級パーソナルジムでも取り入れている糖質制限ダイエットとは??」に書いてありますのでここでは割愛します。
簡単に言うと、白米やパン、麺などの糖質を摂取すると、インスリンというホルモンが分泌され、血中に流れている糖や脂質などを体内に吸収するのです。糖質をたくさん取るとインスリン分泌も一気に増え、爆発的に吸収が進み脂肪をたくさん溜め込んでしまうばかりではなく、血糖値を急下降させるのでお腹もすぐに空いてしまいます。

糖質摂取をコントロールすれば、インスリン分泌を抑えることができます。
インスリン分泌が抑えられれば、余計な糖や脂質を体内に余分に取り込まなくなります。
過度の糖質制限は基本的には推奨されていません。
夕飯では白米や麺などいわゆる主食は制限するのがいいでしょう。
お菓子やジュースは砂糖の塊です。また根菜や果物にも糖質は多く含まれています。とうもろこしやトマトなども甘いと感じるものには糖質が入っている認識で間違いありません。

有酸素運動をする

世界一やせる走り方
世界一やせる走り方
結局運動はしなくてはいけません。
腹筋ではなくジョギングや縄跳びなどの有酸素運動です。
肥満になるのは1日たったの数十kcalオーバーの積み重ねです。
飴玉2〜3分のエネルギーです。
つまりこれを消費できれば太りはしないのです。
体重50kgの人が2km走れば100kcal消費できます。

Runtastic PRO GPS ランニング&ウォーキング運動記録とマラソン完走トレーニングプラン – runtastic
体重50kgの人が20分、縄跳びをすればおよそ170kcal消費です。
毎日10分運動すれば十分です。毎日が億劫であるならば、隔日で20分運動したり、週末に1時間程度運動するなどでも大丈夫です。
しかしなるべく毎日少しの時間でも運動を心がけのがベストです。習慣化してしまえばいいのです。
まとめて行うほうが大変でし、そのときに出来なかったらなし崩し的に運動をしなくなってしまうパターンは非常に多いのです。
まずは1ヶ月間、30日連続で1日10分だけの運動を心がけましょう。
1日たった4分で効果抜群のタバタ式トレーニングもおすすめです。「【Tabata protcol】たった4分の運動で初心者のダイエットからトップアスリートの体力錬成にも効果絶大 「全力20秒 + 10秒休憩 」× 8セット、計4分のタバタ式トレーニング
究極の科学的肉体改造メソッド タバタ式トレーニング
究極の科学的肉体改造メソッド タバタ式トレーニング

シックスパック、くびれのただしい作リ方

・腹筋はいくらやってもシックスパック、くびれには効果なし。
・脂質制限
・糖質制限
・脂質も糖質も適度に摂るべし
・1日10分運動をする。

以上のことを心がけ1ヶ月頑張って継続すれば、その変化に感動するでしょう。
ビフォー&アフターの写真を取っておけば、自分を抑制するお守りや戒めにもなり、友達にも自慢できます。
無理をせず体の変化を楽しみながら、習慣化させましょう。
是非明日から挑戦してみましょう。

運動指導者が断言! ダイエットは運動1割、食事9割 [決定版]
運動指導者が断言! ダイエットは運動1割、食事9割 [決定版]

[nopc] [/nopc]
LINEで送る
Pocket