【メイド・イン・自宅】自宅トレーニングのメリット・デメリットと必須アイテムご紹介

LINEで送る
Pocket

[nopc] [/nopc]

メイド・イン・自宅

最強の自宅トレーニングバイブル
最強の自宅トレーニングバイブル

自宅トレーニングは、究極のパーソナルジムであり、最高のパーソナルトレーナー

自宅トレーニングと聞くと本格的な器具をいくつも揃えなければならないと思っている人もいるでしょう。
実際は自宅トレーニングといってもさまざまです。

器具を使わない腕立て伏せや腹筋、スクワットも立派なトレーニングです。
プッシュアップバーやチューブ、腹筋ローラーなど簡易な道具でも、使い方によってはとても効果的なトレーニングができます。
小さく軽いので自宅で場所も取らず、さらに持ち運びも容易で外出先や仕事、授業の合間でも気軽にトレーニングやストレッチでリフレッシュできます。

ベンチプレスなど大型の器具はかなりのスペースを取ると思うかもしれませんが、実際は一畳程度のスペースがあれば十分です。
使わないときは折り畳めるので予想以上にスペースを節約できます。
値段も1万円ちょっとと手頃です。

スポーツジムではベンチプレスは特に人気があり、常に順番待ち状態です。
自分のペースで行なえいばかりか、少なくないマナー違反者にトレーニングのモチベーションを害されることも決して少なくありません。
自宅に器具があれば好きなときに好きなだけ自分のペースで行えます。

天候も服装も第三者もなにも関係ありません。
自宅トレーニングはまさにプライベートジムであり、己自身がパーソナルトレーナーなのです。

自宅トレーニングのメリット

自宅でトレーニングは誰にも邪魔されず自分のペースでトレーニングができることが最大のメリットです。
出かける準備や移動の手間も一切ありません。
雨や雪、雷や台風の日も自宅でトレーニングができれば関係ありません。

自宅にトレーニングセットを揃えるには高額な費用がかかると思うでしょう。
ベンチプレスやスクワットなどある程度のトレーニングセットも揃えたとしても10万円は超えません。
これを高いと思うか安いと思うかは考え方次第です。

確かにいきなり10万円用意してトレーニングセットを自宅に揃えようと思っても、なかなか簡単には決断できないのは当然です。
しかしスポーツクラブに入会するのに入会金およそ1万円(キャンペーンを狙えば無料)、フリー会員で利用しようと思えば月謝1万円程度です。
1年通えば10万円は超えます。
月謝に実際通ったか通わなかったかの日数は関係ありません。

自宅トレーニングは最初の初期投資だけで済みます。
毎日やろうが10年続けようが基本的には変わりません。
ウェイトを増やせば当然費用はかかりますがそれは資産にもなります。
スポーツジムの会費に湯水の如く消えていくものとは全く別物です。

もちろんチューブのゴムや懸垂器具の握り手の経年劣化はあるので、交換が必要になってくるものもあります。
しかしもっとも値段の張るダンベル、ウェイト、バーなどは半永久的に使い続けることができます。
そしてそれらは一生残り続ける資産です。
たとえ途中でトレーニングをやめる時期があっても、またいつでもお金を再度かけずにトレーニングを再開できるのです。
これはスポーツクラブでは絶対にない特上のメリットです。

デメリットもある

何と言ってもスペースの問題があります。
チューブや縄跳び、プッシュアップバー、腹筋ローラーなどはスペースを取らず持ち運びもできるので問題ありませんが、ベンチプレスや懸垂器具では各一畳ほどのスペースは必要になります。
家の広さは簡単には変えられません。
スペースをどれくらい確保できるかで揃えられる器具が変わってきます。

しかし実際ベンチプレスの台とセーフティバー、バーベル、ウェイトがあれば一通りのトレーニングはできてしまいます。
それについては後述します。

デメリットの一つにモチベーションの問題もあります。
スポーツクラブに行けば、そこらじゅうにトレーニングに励んでいる老若男女がいて、それは確実に己のモチベーションをあげてくれます。
気が乗らなくても重い腰を上げスポーツクラブにさえ行けば、テンションもモチベーションの問題は吹っ飛ぶことは珍しくありません。
また凄いウェイトでやっている人や理想の体型の人など目の前にすればトレーニングへの意識はあがります。
スポーツジムではさまざまな良質な刺激を受けることができるのです。

自宅でトレーニングする場合は、いつでもできるからこそ、「今日はいいや」となってしまいがちです。
気づいたらトレーニング器具がホコリをかぶってしまっているなんていうことも。
懸垂器がただの洋服掛けになってしまったなんて話も珍しくありません。

トレーニングのモチベーション、実はトレーニングの中でこれが一番難しい問題です。
トレーニングで一番重要なのは「継続」です。
たとえ多少非効率であれ、継続こそがトレーニングを成功させるための重要なファクターです。
自宅でのトレーニングはいくらでもサボれ、初期投資の金額で済むので器具を揃えて満足してしまう可能性も無きにしもあらずです。

トレーニング継続のためには、自分のビジョンを明確に持つ必要があります。
どんなビジョンでもいいのです。

夏が終わる前に男らしい体を手に入れる
3ヶ月後までに理想のスタイルに近づける
競技でいい成績を残すための肉体改造
ダイエットのため、健康のため筋トレ継続

ビジョンを明確なほどトレーニングは継続しやすくなります。
単に痩せる、理想のスタイルを目指すのではなく、具体的な数値設定しましょう。
ベンチプレス100kg挙げる、体脂肪3kgマイナスなど目標数値をいつまでに達成したかなど決めるとビジョンはより明確になります。

定期的に体重を測って管理することは大切ですが、体重の増減に一喜一憂はしないことです。
同体積ならば筋肉のほうが脂肪より重いので体重が増えても筋肉で増えていればむしろ喜ばしいことなのです。

初心者用、スペースがない人用、上級者用、有酸素運動ようなど自宅トレーニングアイテムを紹介します。
実際に使って非常にコストパフォーマンが良いと感じたものを厳選しました。

必須自宅トレーニングアイテム

SINTEX(シンテックス) プッシュアップバー STT020
SINTEX(シンテックス) プッシュアップバー  STT020

床で腕立て伏せをするよりしっかり体を上げ下げでき、可動域が広がることで胸への刺激が高まり大胸筋に効果アップです。
シンプルな器具で壊れにくいため半永久的に使え、数千円とお手頃価格で効果抜群、費用対効果が非常に高い器具です。

スタイリッシュジャパン(stylishjapan) 新型 ぶら下がり健康器 懸垂トレーニング HGMC-0322(黒)
スタイリッシュジャパン(stylishjapan) 新型 ぶら下がり健康器 懸垂トレーニング HGMC-0322(黒)

公園の鉄棒以外、日常で懸垂ができるところはあまりありません。
広く強い背中を作り出す広背筋を鍛えるのに懸垂は欠かせません。
姿勢が丸まりがちな現代人はぶら下がって体を伸ばすだけで、首や肩、腰がスッキリします。
スペースは多少取りますが、使わないときは洗濯物を干すのに最適です。

Soomloom アブホイール エクササイズウィル スリムトレーナー 超静音 腹筋ローラー エクササイズローラー 膝を保護するマット付き
Soomloom アブホイール エクササイズウィル スリムトレーナー 超静音 腹筋ローラー エクササイズローラー 膝を保護するマット付き
究極の腹筋器具です。
腹筋ローラーは腹筋だけでなく腕、肩や背筋などの体幹も同時に鍛えることができます。
腹筋をメインに腕や肩、背筋も鍛えてしまいましょう。

[nopc] [/nopc]

IROTEC(アイロテック) ラバー ダンベル 40KGセット (片手20KG×2個)
IROTEC(アイロテック) ラバー ダンベル 40KGセット (片手20KG×2個)
重さが調節可能なダンベル。
鉄アレイだと重さを変えられないのでいつか無用の長物となってしまいます。
数kgから何十kgまで調整できるダンベルが絶対におすすめです。

リーディングエッジ 固定式 フラットベンチ LEFB-005
リーディングエッジ 固定式 フラットベンチ LEFB-005
この台が1台あればトレーニングの幅が数倍広がります。
全身を効率的に鍛えるメニューが山のように増えます。

ALINCO(アルインコ) マルチチューブ(ソフト、ミディアム、ハードの3個セット) EXG114
ALINCO(アルインコ) マルチチューブ(ソフト、ミディアム、ハードの3個セット) EXG114
トレーニングで使うというよりは、凝り固まった体をほぐしたり、筋トレの後のストレッチに最適です。
想像以上の気持ちよさで一瞬でリフレッシュできます。
リハビリなど軽いトレーニングにも最適です。

LPN ストレッチポール(R)EX ネイビー 0001
LPN ストレッチポール(R)EX ネイビー 0001
肩甲骨周りのストレッチや肩こり、ストレートネックにも効果的です。
運動や筋トレ後だでなく、デスクワークや立ち仕事などの疲労回復にも最高の一本。

ホエイプロテイン 1kg 無添加 ナチュラル
ホエイプロテイン 1kg 無添加 ナチュラル

余計なものが一切入っておらず、コストパフォーマンがもっとも高いプロテイン。
味も不味くも美味くもない安心感。
ミロを混ぜて飲めば格別。

パーフェクト・スムージー・プロテイン 1.6㎏ MPN
パーフェクト・スムージー・プロテイン 1.6㎏ MPN

美味しさを求めるならば一番。
いつでも飲みたいくらいの味。
カロリーコントロールで食事の置き換えとして利用するには最高の一品。

あれば最高のBIG器具

ファイティングロード (FIGHTINGROAD) トレーニングベンチ
ファイティングロード (FIGHTINGROAD) トレーニングベンチ
ベンチプレスです。
折り畳めます。
男なら必須です。

バーベル ラバータイプ (70kgセット)
バーベル ラバータイプ (70kgセット)

これでベンチプレスだけでなく、スクワット、デッドリフト、ハイクリーンなど高強度トレーニングを行えます。
必須です。

まとめ

自宅トレーニングにはメリットもデメリットもあります。
他者に追い込まれないとトレーニングできないのならライザップやトータルワークアウトなど高級パーソナルトレーニングジムに何十万も出して通うのがおすすめです。
短期間でケツを叩かれながら、引くに引けない闘いでスパッと結果を出せます。

自宅トレーニングは自己管理をしていかないと、無用の長物になってしまいます。
しかしうまく利用すればとんでもない資産となります。

ベンチプレスや懸垂器具を変えなくても、ダンベル一つとトレーニングベンチ台があれば、全身くまなく鍛えられます。
もちろん自宅トレーニングとスポーツジムの両刀でいいとこ取りして取り組むのもいいでしょう。

自宅トレーニングで、誰にも気を使わず、好きなときに好きなだけできる幸せを噛み締めつつ、理想の肉体を作り上げましょう。

[nopc] [/nopc]
LINEで送る
Pocket