どんな高価なダイエット食品や流行りのフィットネスグッズより、最もコストパフォマンスが良い最強のフィットネスアイテムは・・・ 

LINEで送る
Pocket

[nopc] [/nopc]

今年の夏こそ痩せたい

Tarzan (ターザン) 2017年 4月13日号 No.715 [テキトーだらけの道具(ギア)トレーニング] [雑誌]
Tarzan (ターザン) 2017年 4月13日号 No.715 [テキトーだらけの道具(ギア)トレーニング] [雑誌]

宇梶剛士、剛力彩芽のCMでやっているあの腹筋マシーンの効果は!?

なぜ、痩せないのだろ…
たんさんダイエット食品も試し、メディアで話題のフィットネスグッズもたくさん買ったのに…
なぜ、痩せないのだろ…
今年こそは、今年こそは痩せたい。そんなことを思ったのは今年で何度目だろう・・・。

こんな嘆きの声が日本中に響き渡っているのが聞こえます。

流行りのダイエット食品やフィットネスアイテムを購入し、続かず、効果もなく、家の肥やしになってるものがわんさか、そんな人日本全国大勢いるはずです。
フィットネスアイテムで重要なのは、コストパフォーマンスとどこでもすぐに簡単に使えること、また場所をなるべく取らないことも大切です。

しかし巷に溢れかえったさまざまなダイエット商品に惑わされ、フィットネス業界の鴨になってしまっている人は無数にいます。

下記の商品、CMを多くの人は見たことがあるはずです。
ワンダーコア スマート【正規品】
ワンダーコア スマート【正規品】

いかにもお腹の贅肉が減ってウエストが引き締まりそうな商品です。

ではお腹が引き締まるメカニズムはどうなっているのでしょうか。
腹筋が割れるメカニズムは、とにもかくにも脂肪を減らすことです。

お相撲さんがこの商品を使い続けても、いつまで経っても痩せることはできません。
脂肪が多ければどんなに腹筋を鍛えても、脂肪でたるんだお腹から筋肉の隆起は見えません。
お相撲さんを見れば一目瞭然です。
お相撲さんの筋肉は凄まじいのですが、たくさんつけた脂肪のおかげで筋肉の隆起はあまりハッキリとはわかりません。
脂肪がつきにくい肩周りや腕の筋肉の隆起は見えることが多々ありますが、お相撲さんのシックスパックなど見たことがある人はいないでしょう。
しかし脂肪の下にはバキバキの筋肉を身にまとっているのです。

つまりシックスパックを出すためには、腹筋を鍛えることは二の次なのです。
まずは脂肪を減らすことがシックスパックの第一優先事項です。

腹囲1cm減らすのにフルマラソン3回も走らないといけない驚愕の事実

腹筋運動をずっと繰り返せば、有酸素運動にもなって腹筋も鍛えられていいじゃないかと思う人もいるかもしれません。
しかし体重60kgの人がフルマラソンを走っても消費カロリーは2400kcal程度です。

[nopc] [/nopc]

脂肪1kgは7200kcalのエネルギーを持っています。
つまりたった脂肪1kg減らすのにフルマラソンを3回も走らないといけません。
そして1kg脂肪が減れば、お腹周りは1cm減ると言われていますので、5cm減らしたければフルマラソン15回走る必要があるのです、例え話ですが…。

走るという決して強度の低くない有酸素運動でも脂肪1kg減らすのは至難の業です。
腹筋運動だけで痩せられる人はまずいません。
1時間ほどぶっ通しで腹筋運動を毎日できる能力があれば話は少し変わってきますが。
腹筋運動で痩せるというのは全くの幻想です。

おにぎり1個分の基礎代謝アップには筋肉10kg増量が必要

腹筋をして筋肉をつけ基礎代謝アップすれば痩せるのでは、と思っている人もいるかもしれません。
筋肉は1kg増で13kcal/dayしか増えません。
本格的なウェイトトレーニングを3ヶ月間みっちりしても、筋肉が1kg増やすのは至難の業です。

ボディビルダーのように凄まじい筋トレをし、長い年月をかけ10kgの筋肉をつけても、増える基礎代謝量は130kcal程度、おにぎり1個分です。
僅かな基礎代謝上昇もバカにはできませんが、シックスパックを目指すのであれば焼け石に水です。

腹筋群は面積は広いですがとても薄く、鍛えても基礎代謝アップにはほぼ貢献しません。
いくら腹筋を鍛えてもダイエットにもシックスパックにも効果はほぼ期待できません。
もちろん何もしないよりは、活動量が増えるので消費カロリーは増えますが、その時間があるのなら5分走ったほうがダイエットには遥かに有効です。

夏に向けてのダイエット最強アイテムはずばり「◯◯び」

縄跳びは、言わずと知れた有酸素運動です。
小さい頃は何回でも飛べた記憶がある人もいるでしょう。
しかし社会人になってやってみるとびっくりするくらい飛べなくなっています。

走りに行くのは気が重い場合や帰宅時間で安全面等を考慮して走りに行けない場合もあるでしょう。
そういう人には縄跳びは最適の有酸素運動にです。
その場で飛んでれいればいいだけです。

1分間で体重1kgにつき「0.1532kcal」のエネルギーを消費します。
その数に下記の補正係数をかけると消費エネルギーがわかります。

補正係数
男性20代: 1.00
男性30代: 0.96
男性40代: 0.94
女性20代: 0.95
女性30代: 0.87
女性40代: 0.85

30代の体重60kgの男性が20分縄跳びをやると、
「体重60kg×20分×0.96=176.8」
176kcalのエネルギーを消費することになります。

20分連続で縄跳びを行うのは意外と大変です。
1秒間に2回飛ぶと、20分で2400回も飛ぶことになります。

初心者は100回飛ぶのも難しいかもしれませんが数週間も行えば、多くの人はできるようになるでしょう。
例えば20回×5でもいいのです。

100回連続でできるようになれば、それを数セット、そして1000回程度できるようになればかなり体つきも変わっているでしょう。
また縄跳びでタバタ式トレーニングを取り入れてもいいでしょう。
凄まじいほどの効果を出すはずです。

【誤解だらけのタバタ式トレーニング】本当は8セット4分ではない?脂肪は減らない?複雑な運動の組み合わせはダメ?正しいタバタでたった4分の苦痛で最大限の効果を

走るほうがだいぶ消費エネルギーは高いですが、走れないときは意外に多くあるものです。
そんなときは最も効果的で、最もコストパフォマンスが高い、最強のダイエットグッズ「縄跳び」が絶対におすすめです。

まずは100回を目指して挑戦してみてはどうでしょうか。

タニタ(TANITA) カロリージャンプ CJ-688
タニタ(TANITA) カロリージャンプ CJ-688

[nopc] [/nopc]
LINEで送る
Pocket