トレーニングをする女性

【逆輸入Tabata protcol】忙しいなんて言い訳は通じない 20秒×8セット計4分 たった週2回6週間で有酸素・無酸素能力の驚異的な能力アップが可能

LINEで送る
Pocket

[nopc] [/nopc]

tabata protcolとは?

驚異のタバタ式トレーニング
驚異のタバタ式トレーニング

立命館大学の田畑泉教授が考案し、海外で最初に人気が爆発し逆輸入として日本に入ってきた「タバタ式トレーニング(tabata protcol)」。
最近ようやく日本のメディアでも取り上げられるようになり多くの注目を集めるようになってきました。
日本でも徐々に知られてきてトップアスリートからジムのトレーニングプログラムなど幅広く使われています。

20秒の全力の運動と10秒間の休憩を8セット繰り返す、いわゆるインターバルトレーニングです。
たった4分の運動でダイエットにも肉体改造にも効果絶大です。
週4回を6週行ったことで持久力の能力を示す有酸素性エネルギー(最大酸素摂取量)が10%、中距離の能力を示す「無酸素性エネルギー(酸素借)」が30%も上昇した実験結果が出ました。
たった4分の高強度インターバルトレーニング、タバタ式で有酸素運動能力も無酸素運動能力も同時に鍛えられるのです。

タバタ式トレーニングをする際の効果的な動作は、シンプルな動作が推奨されています。
理由は高強度の運動をするため複雑な動きは向いていからです。
また腕立て伏せよりはバービージャンプやスクワットジャンプなど体幹や下肢など大きい筋肉を使うメニューが向いています。

タバタ式トレーニング動画集

この動画のメニューを行うにはバーベルや特殊なウェイト器具が必要です。また動きが一般人には少し複雑です。アスリート向けの動画です。試せるものは挑戦してみてもいいでしょう。モチベーションを上げる動画としても大いに活用できるでしょう。

タバタ式トレーニングはもっとシンプルな動作が向いています。
シンプルな動作を高強度で行い心拍数を上げることが重要なのです。

街中でも公園でもやろうと思えばタバタは場所は選びません。
たった4分、いつでもどこでも行なえるのがタバタの魅力の一つです。
忙しい、時間がないという言い訳ができないところもタバタ式トレーニングの大きなメリットです。

重要なことは1回1回の20秒間を全力で出し切ることです。
きつくても途中でダレてはいけません。
当然体は動かなくなってきますが、4分間全力でやりきることで心肺機能向上、筋持久力、脂肪燃焼など肉体改造に大きな効果があります。
一般的な持久力トレーニングより遥かに効率よく短期間で体を鍛えあげることができます。
アスリートならシーズン中など基礎体力作りに時間を割けないときに大いに活用できます。
ほかにも受験生やサラリーマンまで忙しい現代人には最高のインターバルトレーニングです。

[nopc] [/nopc]

最初のyoutubeで流れている曲は下記のiTune storeで入手できます。

タバタ<メニュー

タバタ式トレーニングのメニューはいくらでも考えられます。
その組み合わせは自由です。
ただし高強度で行うため、動作はなるべくシンプルなものです。

・腕立て伏せ
・懸垂
・ジャンプスクワット
・縄跳び
・ももあげ
・腹筋
・背筋

タニタ(TANITA) カロリージャンプ CJ-688

タニタ(TANITA) カロリージャンプ CJ-688


XYSTUS(ジスタス) スリムトレーナーTR H-7218

XYSTUS(ジスタス) スリムトレーナーTR H-7218

・ランジジャンプ

・バービージャンプ

多彩なメニューを組み合わせるも良し、ハードなバービージャンプを8セット行ってもいいでしょう。
なるべく全身、もしくは下半身を使ったメニューを多く取り入れましょう。

現代人のためのタバタ式トレーニング

「たった4分で劇的に」といったようなセンセーショナルな文言で紹介されることが多いタバタ式トレーニングですが、実にシンプルなインターバルトレーニングです。
インターバルトレーニングは昔からあるお馴染みのトレーニングです。
しかしタバタ式トレーニングはより厳密な実験を行い何がどのように向上するか示した点で言えば画期的なトレーニングです。
初心者からトップアスリート、子供から高齢者まで性別も年齢も、時間と場所を選ばずに行えます。
たった4分。
その意思だけが未来のあなたを大きく作り変えます。

[nopc] [/nopc]
LINEで送る
Pocket