Apple Watch Sport4月24日発売決定 肉体改造に最新テクノロジーを取り入れよう!

LINEで送る
Pocket

[nopc] [/nopc]

本日2015年3月10日、Apple新製品発表会「Spring forward」がありました。
そこではなんとMacbookの12インチRetinaディスプレイを搭載した新色ゴールドとスペースグレーを発表しました。
4月10日発売です。
重量は2ポンド(約907グラム)で、厚さ13.1ミリ、24%も従来より薄くなったそうです。
またトラックパッドは感圧性になり、強弱でコントロールも変化するようです。
またキーボードも新しくなり、インターフェースはUSB type Cを採用しています。充電やUSB、ディスプレー、HDMIをすべて1本のケーブルでまかなえます。

価格は
・8GBメモリー、256GB SSDモデルは1299ドル(約15万7412円)
・1.2GHzのモデルが1599ドル(19万3766円)

円安のためかなりいい値段です。
値段さえ気にしなければ、もはやiPadはいらないのではと思ってしまいます。

f1ade5ae94de247a244d72e5444bc6e1d809c304_large

そして肉体改造に必見の「Apple Watch Sport」も発表されました。

電話を受信発信、メールの送受信、写真も見ることができます。また自分が1日にどのくらい活動をしたのかも記録しビジュアルで示してくれます。
またFacebookなどのSNSを始め、好きなスポーツチームの情報や話題のニュースなど多種多様な通知が受けることができるそうです。

価格は、
・38mmシルバーアルミニウムケースとホワイトスポーツバンド. ¥42,800 (税別)
・42mmシルバーアルミニウムケースとホワイトスポーツバンド. ¥48,800 (税別)

最先端多機能スポーツウォッチとして考えれば、決して高くない値段です。
通常の心拍数も計れるスポーツウォッチでも6、7万は軽くしますので、そう考えると電話もできてネットにも使えるスポーツウォッチと考えれば費用対効果は計り知れないのではないでしょうか。
もうiPhoneを持って走らなくてもいいのです。
それだけでもなんて素晴らしいのでしょうか。

[nopc] [/nopc]

色もとてもカラフルなラインナップが揃い、カジュアルにもスポーティにもバッチリです。
3f999de90784f3b5b0a52706f62bc3b0e22d105d_large

リアルタイムで心拍数がわかることやワークアウトの記録にも最適です。

ワークアウトアプリケーション。
より詳細な数値を、一番必要な時に。

有酸素運動を集中的に行う時は、Apple Watchに内蔵されているワークアウトアプリケーションを
使いましょう。ランニング、エリプティカルマシンを使ったトレーニング、サイクリングなど、最も人気がある
運動の継続時間、距離、消費カロリー、ペース、スピードなどのデータを、屋内でも屋外でもリアルタイムで
表示します。Apple Watchは耐水性能があるので汗がついても大丈夫。雨の中でワークアウトをする時も
心配はいりません⁠*。始めたいワークアウトの種類を選ぶと、それだけでApple Watchが適切なセンサーを
起動します。詳しい概要を見ることもでき、ワークアウトの内容は「エクササイズ」のリングによる
その日の測定に加えられます。

引用:Apple

 

様々な動きを、
逃さず計測できる

 

心拍センサー。

Apple Watchには特別に開発された心拍センサーが内蔵されていて、ワークアウト中のあなたの心拍数を読み取ります。これによってあなたの運動の激しさがわかるため、消費アクティブカロリーの測定精度が向上します。

Wi-FiとGPS

Apple Watchは内蔵された加速度センサーにあなたのiPhoneのWi-FiとGPSを組み合わせて使うため、ウ⁠ォーキング、ランニング、サイクリングなど屋外でワークアウトをする際も、移動距離や速度を一段と正確に測定できます。

加速度センサー

Apple Watchの加速度センサーは、あなたの総運動量を測定し、歩数をカウントして、1日の運動で消費したカロリーを計算します。単純に立ち上がるだけの動作から、バスに乗り遅れそうな時のダッシュ、子どもたちと遊ぶ時の動きまで、あらゆる身体運動を測定します。

引用:Apple

アップルウォッチスポーツとともに本気の肉体改造に取り組めば、必ずやモチベーション上昇に大きく貢献してくれるでしょう!

[nopc] [/nopc]
LINEで送る
Pocket