【筋肉雑学】上腕二頭筋・三頭筋、大腿四頭筋の二頭や三頭、四頭ってなに?|腹筋や背筋はさまざまな筋肉から成っている

LINEで送る
Pocket

[nopc] [/nopc]

覚えた筋肉の名称が筋トレ効果を加速させる

プロが教える 筋肉のしくみ・はたらきパーフェクト事典
プロが教える 筋肉のしくみ・はたらきパーフェクト事典

上腕二頭筋、バイセップスは二つの頭

腹筋や背筋を鍛えようと言いますが腹筋、背筋という筋肉はあるのでしょうか。腹筋や背筋は筋肉群の総称で実際にはそのような固有の筋肉はありません。腹筋は腹直筋、内・外腹斜筋、腹横筋から構成されています。各筋肉はそれぞれの役割があり、お互い作用しあい体を動かし姿勢を維持し内蔵を守っています。

本格的に筋トレをするようになると上腕二頭筋や大腿四頭筋など筋肉を正式名称で呼ぶことが多くなります。筋トレをするうえで鍛えている筋肉を意識することが重要なので漠然と腕や脚を鍛えるでは効率が悪いのです。筋肉の名称を覚えることは肉体改造にとても重要で大切です。何も意識しないで筋トレをするよりも鍛えている箇所を意識して筋トレをするほうが効果に明らかな差が出てくのです。全く筋トレをしたことがない人から見えれば筋肉マニアに見えてしまうかもしれません。

英語で上腕二頭筋はバイセップス(biceps brachii)、上腕三頭筋はトライセラトップス(triceps brachii)といいます。バイ(bi)は「二つ」という意味があり「自転車」を英語で「バイセコー(bicycle)」と言うのは、二つ(bi)の輪(bicycle)だからです。トライ(tri)は「3つ」で、トライアングル(triangle)は「3つの角」という意味です。

セプス(ceps)はラテン語の「頭」を意味する「caput」から、brachiiはラテン語の「腕」の意味を持つ「brachium」から来ています。
つまり、バイセップス(biceps brachii)は「二つの頭を持つ腕」という意味なのです。トライセラトップス(triceps brachii)も同じは「三つの頭を持つ腕」ということになります。三角筋はdeltoid muscle(デルトィド・マッスル)といい、「deltoid」は「delta」の派生語でデルタ航空と同じ「デルタ」です。三角州という意味を持っています。

[nopc] [/nopc]

肉体改造とは単に脂肪減や筋肉増のことばかりではなく知識の蓄積でもあるのです。脳も肉体の一つなのです。

覚えた筋肉の名称が筋肉を意識させる

Tarzan (ターザン) 2015年 1月 8日号 No.663
Tarzan (ターザン) 2015年 1月 8日号 No.663
下記に上腕二頭筋や大腿四頭筋の他にも、総称して呼ばれている筋肉を列挙します。
知的探究心で筋肉の泉にダイブしましょう!

上腕二頭筋(biceps brachii)

長頭、短頭

上腕三頭筋(triceps brachii)

長頭、内側頭、外側頭

・回旋筋腱板(かいせんきんけんばん Rotator cuff:ローテーター・カフ)
a.肩甲下筋
b.棘上筋
c.棘下筋
d.小円筋

・三角筋(deltoid muscle:デルトィド・マッスル)

a.前部
b.中部
c.後部

脊柱起立筋(erector spinae muscle:エレクター・スパイン・マッスル)

・胸最長筋(きょうさいちょうきん)
・胸棘筋(きょうきょきん)
・胸腸肋筋きょうちょうろくきん)
・腰腸肋筋(ようちょうろくきん)

大腿四頭筋(quadriceps femoris muscle:クアドリセプス・フェモリス)

・大腿直筋
・内側広筋
・外側広筋
・中間広筋

ハムストリングス(hamstrings muscle:ハムストリングス・マッスル)

・大腿ニ頭筋
・半腱様筋(はんけんようきん)
・半膜様筋(はんまくようきん)

下腿三頭筋(Triceps surae muscle)

・(外側頭)腓腹筋
・(内側頭)腓腹筋
・ヒラメ筋

お尻

・大殿筋
・中殿筋
・小殿筋

・深層外旋六筋(しんそうがいせんろっきん、six deep extertnal rotators:シックス・デープ・エキスターナル・ローターズ・マッスル)
a.下双子筋
b.上双子筋
c.内閉鎖筋
d.外閉鎖筋
e.大腿方形筋
f.梨状筋

腹筋

・腹直筋
・外腹斜筋
・内腹斜筋
・腹横筋

[nopc] [/nopc]
LINEで送る
Pocket