【動いた瞬間から脂肪は燃える】まだ信じている!?「20分運動しないと脂肪は燃えない」という迷信

LINEで送る
Pocket

[nopc] [/nopc]

脂肪燃焼の事実

除脂肪メソッド―リバウンド知らずの“脂肪撃退”マニュアル
除脂肪メソッド―リバウンド知らずの“脂肪撃退”マニュアル

脂肪燃焼20分以上の真実

「20分以上運動しないと脂肪が燃えないから、20分以上は体を動かし続けましょう」
このような文言を聞いたことがある人も、未だ信じている人も多いはずです。

結論から言うとこれは間違です。
運動直後から脂肪はエネルギーとして使われ、20分以上連続して動かし続けなくても脂肪は燃焼します。

下記の図で、上は20分以上運動しないと脂肪が燃えないことを表した間違った図です。
下の図は、脂肪は糖と一緒に最初からエネルギーとして使われていることを表した正しいものです。

運動20分での脂肪と糖の燃焼関係

脂肪は血中に常に一定量流れており、運動直後もエネルギーとして使われます。
運動直後は糖が多く使われることが、「20分以上運動せよ、さすれば脂肪も燃える」と定着したのでしょう。
「運動開始20分以降」というのは、脂肪細胞に蓄えられた脂肪が活発に分解されるタイミングです。
どちらにしろ脂肪は運動直後からもしっかり使われているのです。

また連続した運動ではなく細切れでも効果があるとされています。
10分×2〜3セットで途中に10分休憩を入れても脂肪燃焼の効果は変わないと実証されています。

短時間複数回の定常運動による脂質代謝の亢進

大事なことはたとえ短時間でも体を動かす機会を多く作ることです。
まとまった時間が取れないから運動できない、とならないことが大切です。
忙しい現代人、まとまった運動時間を確保できないことは当然あるでしょう。
そんなときは徒歩や自転車、階段など日常生活のなかで体を動かす機会を多く作れば当然身体活動量は脂肪が燃焼が増えます。

たった4分の運動でも効果が出る

究極の科学的肉体改造メソッド タバタ式トレーニング究極の科学的肉体改造メソッド タバタ式トレーニング

[nopc] [/nopc]

どんなに忙しい人でも1日たった4分の運動時間を確保できない人は皆無でしょう。
世界でもっとも忙しい職業であろうアメリカやロシアの大統領でも、ジョギングや筋トレでしっかりセルフマネジメントしています。
村上春樹は1日を23時間とし、毎日必ず1時間はジョギングや水泳に時間を当て、激務の菅官房長官も毎朝必ず40分のウォーキングをしています。
セルフマネジメント能力は仕事や勉強、筋トレやダイエットにも目標達成するために必要不可欠な能力なのです。
仕事ができる人はなぜ筋トレをするのか (幻冬舎新書)
仕事ができる人はなぜ筋トレをするのか (幻冬舎新書)

タバタ式トレーニングについたは【Tabata protcol】たった4分の運動で初心者のダイエットからトップアスリートの体力錬成にも効果絶大 「全力20秒 + 10秒休憩 」× 8セット、計4分のタバタ式トレーニングを参照ください。
腕立て伏せや腹筋など20秒運動して10秒休憩を8セット行うサーキット形式のトレーニングで、ダイエットにも身体能力向上にも抜群に効果があるトレーニングです。
たった4分のトレーニングなので、忙しい現代人も言い訳をすることなく肉体改造に邁進できます。

まとめ

脂肪は運動した直後から燃えます。
20分も運動を続けられない人でも、5分走ってみたり、数分縄跳びをするだけもいいのです。
それを日課にすれば数ヶ月で体は変わってきます。
毎日100kcal(ご飯半分)オーバーすれば1ヶ月3000kcalオーバー、半年で18000kcal。
脂肪換算すると18000kcalは脂肪2.5kgです。
1年で5kgも太ってしまいます。
7200kcalもある脂肪1kg減らすのに1回2000〜3000kcal消費するフルマラソンをおよそ3回も走らないといけないのです。

しかしこれは逆のことも言えます。
毎日100kcal余分に消費していけば、1年で5kgも減らせます。

1日100kcalオーバーするか消費するか、それ次第で10年後は別人です。
その選択肢の全権はあなたが持っているのです。
筋トレビジネスエリートがやっている最強の食べ方

筋トレビジネスエリートがやっている最強の食べ方

[nopc] [/nopc]
LINEで送る
Pocket