【裏も表も高尾山】世界一の登山客数誇る山 大人気の理由は誰をも受け入れるその懐の深さ

LINEで送る
Pocket

[nopc] [/nopc]

懐の深き高尾山

るるぶ高尾山 (国内シリーズ)
るるぶ高尾山 (国内シリーズ)

世界一の登山客数、霊峰高尾山

年間260万もの人が訪れる世界一の登山客数を誇る高尾山。都心から1時間以内で行くことができ、いくつもある豊かなコース、ケーブルカーとリフトもあり登山やハイキングを楽しみたい人からケーブルカーで自然の中で軽い散策を楽しみたい人までさまざまな人を受け入れてくれる懐深い山です。

ミシュラン観光ガイドで三ツ星を取ってからは登山客は桁違いに増え外国人客も多く訪れるようになりました。首都圏近郊には高尾山以外にも多くの山があり、ケーブルカーがある山もいくつかあります。それでもなお高尾山が圧倒的に人気なのには理由があります。高尾山を知れば知るほどその魅力の虜になり、高尾山に何度も足を運びたくなるでしょう。

豊かなコース

高尾山には1号路から6号路、そして稲荷山コースがあり、ケーブルカーやリフトを使って中腹まで行くことでき1号路と合流します。
麓から山頂までは舗装された1号路とびわ湖コースの6号路、そして稲荷山の3コースです。1号路は急勾配な道が続きますが、中腹までは全て舗装されており登山初心者や登山装備なしのハイキングに最適です。道中には真言宗智山派の関東三大本山の一つ「薬王院」があり、お土産屋や飲食店などさまざまなお店もあり、トイレも5箇所点在しており、観光としても抜群の魅力を誇っています。

それぞれのレベルや目的に合わせ老若男女誰もが楽しめることが世界一の登山客数に繋がっています。またコースがいくつもあることで四季折々の変わる風景とあわせ何回行っても高尾山の違った顔を見ることができ、登山客を飽きさせません。

1号路(表参道コース) 3.8Km
2号路(霞台ループコース)900m
3号路(かつら林コース)2.4km
4号路(吊り橋コース)1.5km
5号路(山頂ループコース)900m
6号路(びわ滝コース) 3.3km
稲荷山コース( 見晴らし尾根コース )3.1km
高尾山・陣馬山コース 18.5km

高尾山自然研究路コースマップ

温泉とビアガーデンと蕎麦屋

高尾山には登山以外にも楽しみがたくさんあります。駅直近に2015年10月にオープンしたばかりの「京王高尾山温泉  極楽湯」。食事処やほぐし処も併設して入浴料の1,000円を払えば終日過ごすことができ、登山の疲れや日常の疲れを癒すリラックスできる空間となっています。世界一の登山客数を誇る高尾山、特に土日祝は入場制限が行われたりと混みあうこと必至なため早朝から登山し、昼前に利用するのがおすすめです。
京王高尾山温泉  極楽湯

登山は好きな時間に、温泉はゆっくり好きな時間に行きたい人は、「高尾の湯ふろッピィ」がおすすめです。高尾山口から無料送迎バスが何本も出ており、タクシーでもワンメーターちょっとで行くことができます。ゆっくり温泉に入りビールを飲んで焼肉をたらふく食べ、そして無料送迎バスで高尾山駅や八王子駅など複数駅選べる。まさに天国です。
八王子健康ランドふろッぴィ

夏の楽しみの一つといえばビアガーデン。高尾山でも6月から10月の間ビアガーデンが開かれます。飲み放題・食べ放題2時間制バイキングで男性(高校生以上) 3,500円、女性(高校生以上)3,300円で、2時間を過ぎた場合でも延長料金一人につき500円払えば30分延長できます。自然溢れる山のなかで東京の都心の夜景を見ながらビールが楽しめ、至福の時間を過ごすことができます。早めに高尾山に行き、登っていけばいい汗かいてビールの美味しさは倍増するに違いないでしょう。
高尾山ビアマウント

[nopc] [/nopc]

高尾山はとろろ蕎麦も有名で、いくつものお店が立ち並んでいます。山頂の茶屋でもとろろ蕎麦を食べることができます。その中でも最も有名で人気のお店が「高橋家」という老舗です。いつでも混んでますが回転が早いので比較的短時間で入れます。とろろ蕎麦だけでなく天ぷらや鴨ネギ丼、薄切りにした干し柿などどれを取っても絶品です。高尾山周辺のお蕎麦屋に基本的に大ハズレはないので何回も足を運んで食べ比べしてみるのも高尾山の楽しみの一つです。
高尾山 高橋家 – 蕎麦・会席・お食事処 高尾名物 柿の木のそば屋

裏高尾

高尾・陣馬・中央線日帰り山あるき (ブルーガイド ぶらり山散歩)
高尾・陣馬・中央線日帰り山あるき (ブルーガイド ぶらり山散歩)

登山で高尾山と言うと小馬鹿にする人がいます。599mなんて登山のうちに入らないと。
初心者でも2時間もかからず麓から山頂まで行け、老若男女誰もが楽しめる高尾山の人気の所以ですが、誰でも登るれ山が故に物足りなさを感じる人もいるのは当然でしょう。初心者も2、3回高尾山に行けば次のレベルの山を探し求めたくなるるかもしれません。富士登山に挑戦したい人も高尾山で練習になるのは登山初心者くらいでしょう。

しかし観光客が多い高尾山は「表高尾」と言われている観光メインの山です。
実は高尾山が本領発揮するのは「裏高尾」なのです。裏高尾にもいくつかのコースがありますが、もっとも健脚向けなのが高尾山口から陣馬山までの19.4kmの道のりで所要時間は休憩時間を含まず7時間5分となっています。富士山の空気の薄い高地での傾斜を登り続ける練習には向いていませんが、ある程度の装備をした状態での登山時間の経験などはいいリハーサルになるでしょう。

高尾山口駅~高尾山山頂~一丁平〜城山~小仏峠~景信山~明王峠〜陣場山~陣馬高原下というコースで高尾山山頂まで、景信山付近、陣馬山下りの急勾配以外は緩やかな尾根が続くコースとなっており気持ちのいい景色が続きます。城山や景信山には茶屋があり、有名ななめこ汁や山菜の天麩羅など食べることができます。白い馬のモニュメントに360度のパノラマの景色が広がる陣馬山にも茶屋がありカップラーメンやビールなどが売っており道中の疲れを癒やしてくれ、陣馬山から4km程の下山することを忘れさせてくれるほど気持ちのいい開放感に浸れます。

この道はトレイルランニングにもよく利用されますが、近年の高尾山の混み具合を考えると高尾山経由は避け、途中の小仏から入山、下山することをおすすめします。高尾山を経由したい場合は早朝からスタートするのがいいでしょう。

まとめ


高尾山の魅力は、大都会東京からわずか1時間程度で行ける利便性と、裏高尾も含めいくつもあるコース、ケーブルカーやリフト、また薬王院や温泉、お土産屋、ビアガーデン、蕎麦屋など観光地としてもたくさんの魅力が詰まっていることです。

暑い夏には避暑地にもなります。四季折々が楽しめるのも気軽に行ける利便性が大きいからです。
久しぶりの運動にも、日々のストレス解消にも、健康増進にも、富士登山の練習にも、トレイルランニングでアスリートの本格的なトレーニングにも、高尾山は誰でも受け入れてくれる懐の深い山なのです。ちなみにマウンテンバイクは入山禁止です。

山の魅力を高尾山で堪能してみましょう。

[nopc] [/nopc]
LINEで送る
Pocket